隣席の持ち家のオヤジと数か月ぶりに会いました。

今日の午前中に子どもと乳母車で注文へ行こうと住まいを出たこと、隣席のうちの中年がガーデンクレンジングを通していました。その中年は一度だけお喋りをしたことがありました。まだ夏場の頃、旦那と子どもと3人で歩いていた場合「赤子、かわいいね。何か月?」と声を掛けてくれたのです。その時に何かと立ち話をしました。中年にも子どもがいて秋に分娩することや初孫を楽しみにしている会社、赤子を見るとつい話し掛けたくなってしまうことなどをお聞きしました。
しかし、中年はその時に会った以来、何か月も巡り合うことがありませんでした。隣席のうちを受かるたびに「中年の孫は無事に生まれたかな?」と旦那と話していました。
そして当日、ようやく赴き会えたのです。かなり久々なので憶えられていないかと思いましたが、声を掛けるとすぐに気づいてくれました。中年の女の子も安心9月に分娩したと聴き、とても嬉しかったです。男子だそうで、やはり初孫はかわいくて仕方がないと言っていました。気さくな中年なので、また会ってお伝えできたらいいなと思います。