関東と関西の「きつね」うどんと「たぬき」身の回り

きつねとたぬきといっても生き物の話ではありません。うどんとそばの話です。関西では「きつね側」と「たぬきうどん」が存在しないはご存知でしょうか。
 関東では油揚げがのった側、うどんを「きつね」と効く、天かすがのった側、うどんを「たぬき」といいます。
 次に関西では油揚げがのったうどんを「きつね」、油揚げがのった側を「たぬき」といいます。
ではそれぞれの根幹を探ってみましょう。
「きつね」ですが、「きつねうどん」は大阪の船場における1893年(明治26年)創業のうさみ停マツバヤが本家の所となります。初代はすし屋で修行を積んだ後うどん屋で独り立ちし、いま3代目にあたる亭主の宇佐美芳弘くんによると、最初は「こんこん」と呼ばれており、かけうどんと、油揚げを別々に出したのがはじまりだそうです。それがいつの間にか一緒にうどんと油揚げを取るようになり、「きつねうどん」として広まったそうです。
そして「たぬき」については、辻料理師対象ゼミナールの津々浦々食物個別講習、杉浦孝キングくんによると、「たぬき側」は江戸時代の終わりに出来上がり、関西よりも関東が先に行き渡り、関東ではイカのかき揚げをごま油で揚げた結果衣が黒っぽくなり、そばの上にのせた事、茶色がかったイカのかき揚げがたぬきを予測させるということが「たぬき側」の発祥になったそうです。
さらに探っていくと諸説様々で確実的ことはなかなか分かりませんが、きつねと
たぬきがどのように化けたのか関心は尽きません。