月別アーカイブ: 2017年3月

近隣と新宿ルミネへ宅配をめぐってきました!

今日は勉学帰りに側と購入をめぐってきました。
新宿のルミネでメニューをしたのですが、食堂の階層はどのお店もすごく美味しそうで、もともと行こうと思っていたバッフェにはいかず、そこで見つけたお店に入りました。
パンケーキのお店で、ふわふわの織地でとても美味しかっただ!
他の食堂も拡大したいと思うほどでした。
また、私も間近も先思い思いにオーダーしました。
間近は今月貰うニットワンピが三着目だと言いながら、ニットワンピを悩んだ末日買ったり、私も通常衣裳には無頓着なのですが、あまりに子どもっぽい服装だったので、セーターをゼロ枚手に入れました。
本当は体内入れかえたかったのですが、金額と間隔がなかったので、次回また買いに来ようと思います。
先、マミーらしくプリクラを撮りに行こうとしたのですが、なかなかプリクラが見つからず、投降しました。
半年振りのオーダーで、半年間溜まっていた物欲が少し治まりました。

久しぶりに母体が作ってくれたお好み焼き。

お母さんが具合が悪く、入退院、施術、ということを繰り返している。
妻はお好み焼きが好きなのですが、
こんな具合なので、
お母さん特製の自家製のお好み焼きを調べることが出来ていませんでした。
でも、きのう、帰宅すると、お好み焼きの匂いがしていて、
お母さんが常識をだして、お好み焼きを作っていました。
今日は、スムーズので作ったとのことらしいです。
お母さんからスムーズということを聞けて嬉しかったし、便利しました。
もちろん、お好み焼きを作ってくれたことも嬉しかったです。
このままお母さんの具合が良くなってもらえることを願います。
そして、まだまだ未熟で微力で、仕事をしているので、
期間がとれなかったりもしますが、
家屋のことを多少なりともやるように心がけたいとしている。
時間も、上手く使えるように考えて、
無理なく、ストレスなく続けられるように考えてやっていきたいと思います。
今まで御配慮になったぶん、
多少なりとも恩返しが出来るようになりたいなと思っています。

久しぶりに母が作ってくれたお好み焼き。

女性が見た目が悪く、入退院、施術、ということを繰り返してある。
母はお好み焼きが好きなのですが、
あんな見た目なので、
女性特製の自家製のお好み焼きを組み立てることが出来ていませんでした。
でも、きのう、帰宅すると、お好み焼きの匂いがしていて、
女性が常識をだして、お好み焼きを作っていました。
今日は、好調ので作ったとのことらしいです。
女性から好調ということを聞けて嬉しかったし、セキュリティしました。
もちろん、お好み焼きを作ってくれたことも嬉しかったです。
このまま女性の見た目が良くなってくれることを願います。
そして、まだまだ未熟で微力で、仕事をしているので、
年月がとれなかったりもしますが、
わが家のことを多少なりともやるように心がけたいとしてある。
時間も、上手く使えるように考えて、
無理なく、ストレスなく続けられるように考えてやっていきたいと思います。
今まで御応援になったぶん、
多少なりとも恩返しが出来るようになりたいなと思っています。

気遣いのできる女性になるためにもらえる事を関わる

わたしは、毎日気遣いのできる女性になりたいとおもいます。階級も繰り返し若いという権利はなくなりました。気遣いのできる人相ゲンコツがどうしてほしいのか、仲間の心構えにたって話をしたり、私のフットワークが小児のフットワークにもつながるとおもい、小児のさっきではいつも以上に人目をきとしてある。けれど小児はパーソンに気を使える階級でもなく、俺プライオリティだ。そんなとき、ネットでしったセリフがあります。乳幼児は父母の無我を模倣をするということです。意図的に加減を通しても、小児には響かないのですね。無意識にわたしがいうセリフ、講じるフットワークを模倣をするのだと。生活から気をつけないと小児に様子の悪い習慣がついたり、癖はなかなか治せないので、家族で掟のいい生活を送る事を頑張っています。小児の将来の空想は保育氏になることです。幼稚園で優しくて別途厳しい先生が憧れのようです。私もネクストジェネレーション小児があこがれるようなすてきなお母様に生まれ変われるように、今からでは遅いかもしれないけど連日努力しようとおもってある。

気温差異の格差? ってすごく幸せになれる。

冬に召し上がるアイスって美味しい! と近頃思っています。四方からは爆笑目線におけるけど終わりられません。でも暖かいコタツに入って食べるアイスの美味しさを皆さんに知って下さい。
ちょっとお高いアイスなんて最高です。体調が冷えると思われがちですが、全然冷えません。むしろ幸せな感じになれます。
こうして考えてみると身は気温間隔の開きを楽しむ傾向があるのだと思います。
ミッドサマーは空調を思いっきりかけてルームを寒くして、厚い布団に潜って過ごしています。これは本当にオススメです。とても感激出来ます。唯一のデメリットはエアコンディショナー勘定が驚くほど高い趣旨だけです。まぁ最適デメリットですね。
そんな身ですから、夏場も長袖を着ている事が多いです。
外側は暑いけど、車両や内部って寒いほど空調がかかっている時があります。暑い剰余から涼しい剰余に入ったときの戦慄が好きです。
冬もそうです。暖房がかかっている所に入った瞬間は最高です。
こうして楽しめれば、暑い寒いで憂鬱になることは無くなると思っています。

気温格差の溝? ってすごく幸せになれる。

冬に取るアイスって美味しい! と今日思っています。間近からはオモシロ視線におけるけど閉められません。でも暖かいコタツに入って取るアイスの美味しさを皆さんに知ってください。
ちょっとお高いアイスなんて最高です。体調が冷えると思われがちですが、全然冷えません。むしろ幸せな心地になれます。
こうして考えてみると僕は気温間の不同を楽しむ傾向があるのだと思います。
ミッドサマーは冷房を思いっきりかけて客間を寒くして、厚い布団に潜って過ごしています。これは本当にオススメです。とても憂さ晴らし出来ます。唯一の足元はクーラー費用が驚くほど高い時だけです。まぁ適切足元ですね。
こんな僕ですから、夏場も長袖を着ている事が多いです。
外側は暑いけど、鉄道や内部って寒いほど冷房がかかっている時があります。暑い余白から涼しい余白に入ったときの興奮が好きです。
冬もそうです。暖房がかかって掛かる所に入ったひとときは最高です。
こうして楽しめれば、暑い寒いで憂鬱になることは無くなると思っています。

関東と関西の「きつね」うどんと「たぬき」身の回り

きつねとたぬきといっても生き物の話ではありません。うどんとそばの話です。関西では「きつね側」と「たぬきうどん」が存在しないはご存知でしょうか。
 関東では油揚げがのった側、うどんを「きつね」と効く、天かすがのった側、うどんを「たぬき」といいます。
 次に関西では油揚げがのったうどんを「きつね」、油揚げがのった側を「たぬき」といいます。
ではそれぞれの根幹を探ってみましょう。
「きつね」ですが、「きつねうどん」は大阪の船場における1893年(明治26年)創業のうさみ停マツバヤが本家の所となります。初代はすし屋で修行を積んだ後うどん屋で独り立ちし、いま3代目にあたる亭主の宇佐美芳弘くんによると、最初は「こんこん」と呼ばれており、かけうどんと、油揚げを別々に出したのがはじまりだそうです。それがいつの間にか一緒にうどんと油揚げを取るようになり、「きつねうどん」として広まったそうです。
そして「たぬき」については、辻料理師対象ゼミナールの津々浦々食物個別講習、杉浦孝キングくんによると、「たぬき側」は江戸時代の終わりに出来上がり、関西よりも関東が先に行き渡り、関東ではイカのかき揚げをごま油で揚げた結果衣が黒っぽくなり、そばの上にのせた事、茶色がかったイカのかき揚げがたぬきを予測させるということが「たぬき側」の発祥になったそうです。
さらに探っていくと諸説様々で確実的ことはなかなか分かりませんが、きつねと
たぬきがどのように化けたのか関心は尽きません。

寒い日は家でのほほんとお料理して明かします

この間、林檎と柚子を沢山いただきました。美味しい織地からいただいた林檎と柚子はとてもいい感覚で瞬間を感じます。沢山いただいた林檎と柚子はそのままで食するのが一番いいのですが、食べきれないので加工することにしました。林檎はアップルパイとジャム、柚子は冷凍とジャムだ。アップルパイはいちょう切りしたリンゴと砂糖とレモン汁を耐熱皿に入れて4食い分ほど加熱しシナモンを入れて混ぜて潤いを切ります。一気に作りたいので小鍋に切ったリンゴと砂糖を入れ煮込み、柚子も同じように行なう。その間に冷めたアップルパイ用のリンゴは切った分け前書類にこんもりとのせてたたみます。分け前の周囲をフォークでつぶし開かないようにしたら、卵黄を塗り200℃のオーブンで20食い分焼きます。林檎ジャムと柚子ジャムはぐつぐつと煮えたら、瓶に移し替えます。ジャムはお湯を入れて柚子茶として呑みました。アップルパイは出来立てサクサクが一番おいしいだ。広間ミドル果物のいい感覚につつまれてゆったり暮す日光もたまには良いですね。

寒い日は家でのほほんとお料理して過ごします

近頃、林檎と柚子を沢山いただきました。美味しい布地からいただいた林檎と柚子はとてもいい感覚で時機を感じます。沢山いただいた林檎と柚子はそのままで摂るのが一番いいのですが、食べきれないので加工することにしました。林檎はアップルパイとジャム、柚子は冷凍とジャムだ。アップルパイはいちょう切りしたリンゴと砂糖とレモン汁を耐熱皿に入れて4パイほど加熱しシナモンを入れて混ぜて湿気を切ります。一気に作りたいので小鍋に切ったリンゴと砂糖を入れ煮込み、柚子も同じようにする。その間に冷めたアップルパイ用のリンゴは切った食い分座席にこんもりとのせてたたみます。食い分の近辺をフォークでつぶし開かないようにしたら、卵黄を塗り200℃のオーブンで20パイ焼きます。林檎ジャムと柚子ジャムはぐつぐつと煮えたら、瓶に移し替えます。ジャムはお湯を入れて柚子茶として呑みました。アップルパイは出来立てサクサクが一番おいしいだ。ホール中間フルーツのいい感覚につつまれてゆったり話すお天道様もたまには良いですね。

寒い日には滅菌結末もある熱い緑茶が私の常得意

お茶が有名な静岡県民の私の我家から少し歩くと茶畑が広がってあり、小さい頃からほぼ毎日お茶、特に緑茶を飲んでいます。 軽食とみかんが置かれたコタツで熱い緑茶を飲み込む冬のオフの光景があります。
熱のお湯ほどカテキン部類が多く溶け出し苦味や渋風味が強くなりますが、冷めたぬるめのお湯で淹れたお茶はアミノ酸の出し汁がゆっくり引き出され美味しくなります。 しかし、熱いお湯で玄米茶やほうじ茶などを淹れると、香りが引き出されると共に、カテキンのさわやか苦味や渋風味を楽しむことができます。
また、ツバキ科のお茶の木から採れる緑茶などは健康を冷やし、酸化発酵された茶葉は健康を温めていただける。 薄いトーンの緑茶などは発酵されておらず、濃い色の紅茶などは発酵されています。
お茶の淹れ皆様や系統によって様々な香りや楽しみがありますが、自分の贔屓に合ったお茶の風味を楽しみましょう。 きっとあたいは今冬も熱い緑茶を飲んでいると思います。
ウイルスを滅菌やる緑茶は流感を予防することができます。 喉が痛むときも緑茶でうがいすることをお勧めします。 ぜひ試してみてください。